2010年10月アーカイブ

寒くなりましたね~!おこたの恋しい季節です。

先にお知らせしましたが

11月7日(日)高根新そばと秋の味覚祭が行われます。

10時30分から受け付け 150名様を予定しております(予約不要)

1名様 500円(飲み物別)で ざるそば おにぎり きのこ汁 漬物 がつきます

体験は

【 栃餅つき体験 】(つくだけ)※ついた栃餅は有料販売です

【 そば打ち 】 1セット1,000円(そば粉4人前位)親子で力を合わせていかがですか?

高根の新米特産物の販売もあります

問い合わせは 0254-73-1013 遠山

image image image

さて、最近秋の風景が変わってきている事を御存知ですか?

“刈入れの終わった田んぼ道ではススキが風になびいて、満月にはススキと月”

が秋の風物詩でしたが、最近外来種の「セイタカアワダチソウ」(少し離れて見ると花の形が三角に見える黄色い花が咲いています)に占領されつつあるのです(ーー゛) 畑や川原にあっという間に広がってしまいます。

畑に出ているおばあさんたちは“きれいな花だから刈らないでおいた” なんて・・・・今に日本の秋の風景が変わってしまうのではないでしょうか!

“ススキって何?”などと子供たちに聞かれる時代になるかも?しれません。

皆さんはどう思いますか?

他県ではまだ夏日の所もあるようですが、高根では雨が降るたびに気温が下がり一歩一歩冬の足音を感じています。

稲刈りもようやく終わったようですが、朝は晴れていても突然の雨・・・といった日が続きました。近年は変わりやすい秋の空を “女心と秋の空” という人が多いようですが、もともとは “男心と秋の空” なのです。「源氏物語」にあるように平安時代、男の人が訪ねてくるのを待っているだけだった女性。今日来てくれたと思っても明日は別の人の所に行ってしまう男性に対しての言葉なのです。

今の男性にとっては憧れ?・・・でしょうか(=_=)

猛暑のせいで米にも多大な影響が出たようです。高根では収量が下がり、貴重な米になってしまいました。大切にいただきましょう。

DSC02500-s  image  DSC02503 - コピー

雲に手が届く・・かも(^^) 田んぼの中を駆け抜ける猿(中央)わかるかな?

稲刈りが終わったとたんこの青空!(ーー゛)そして人のいなくなった田んぼに猿!

加えて最近は熊!! みなさん鈴や音の出るもの忘れずに

・・黒い影を見たら熊と思え・・・です

11月7日新そば祭りが行われます。

詳しい事につきましては後日お知らせ致します(^v^)

だいぶたちますが、9月27日は久しぶりの秋晴れの良い天気✿✿ でした。天蓋公園からは村上の臥牛山が良く見えました(右下写真中央)

公園のコスモスも競うように咲き誇り心も晴れ晴れ♯♭~!!(後の山は天蓋山です)

DSC02485-s DSC02488 - コピー

日を追うごとに寒さが増しているようです。皆様風邪をひかないように気をつけましょう!

今年は蜘蛛の巣が例年より多い気がするのですが・・・・皆さんはどう思いますか?

特に丈夫な蜘蛛の糸(?)が多いのです。下記の写真の蜘蛛がいっぱいいて、その糸は太く

DSC02493 - コピー-s LANI_071 DSC02492 - コピー-s

弾力があって丈夫なのです。芥川龍之介の小説に出てくる蜘蛛の糸は、もしかしてこれの事かもしれません('_')

今年は紅葉が遅いという事ですが、くれぐれも山で迷子にならないように万全の準備をお願いします<m(__)m>